スポンサードリンク

Krispy Kreme Doughnut新宿店でオリジナル・グレーズドとコーヒーを


Krispy Kreme Doughnut第一号店の新宿店が閉店ということで最後に一目見てきました。
開店した年の夏、炎天下のもとでドーナツを買い求める人々が作り出す蛇行した列に、店員さんがオリジナル・グレーズドや水を配ったている姿が印象的でした。
この甘さが“アメリカっぽい”というイメージの定着がありました。
個人的には、甘いものがとにかく食べたい疲れた時に食べると旨いと思い、平常心で食べると先日はこんな甘いものをよく食べれたなと思う。

Krispy Kreme Doughnuts 新宿.jpg ドコモビルとの景色も見納め

とはいえ気に入っているのが、桜のシーズンに出る、桜フレーバーのドーナツ。
職場のホワイトデーのお返しにいただいたのがきっかけで、それから毎年、春になると必ず買います。
白地にピンクというベタなものですが、あしらわれた桜のモチーフがキュートだと感じています。
正直、中身のクリームのあのようなピンクはあり得ないと思いますけれど・・・
イースターの頃のキャラメルクリーム入りのひよこを買ったこともあります。
家族で分けたのですが、可愛くて切分けづらく、両親は甘すぎると言いました。

Krispy Kreme Doughnuts キャラメル&ブロンドチョコ他.jpg

閉店前の新宿店では、オリジナル・グレーズドとオールドファッションレモンとキャラメル&ブロンドチョコを選びました。
オリジナル・グレーズドくらいの甘さなら、ブラックコーヒーといただくとちょうどいいと思います。
ほど良くもちっとした生地の食感と、パラフィン紙のような食感のグレーズが絶妙です。
しっかりとした生地のオールドファッショにレモンの香りをつけたオールドファッションレモンは、レモンの香りがドーナツの甘さの注意を紛らわしているようで食べやすいです。
流行のブロンドチョコをつかった季節限定の一つ、キャラメル&ブロンドチョコを試してみましたが、いまいち伝わってこないブロンドチョコ感とお約束通りのクリームの甘さといったところでしょうか。

Krispy Kreme Doughnuts スノーマン.jpg
疲れた日に買ったスノーマンに癒される


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。